ベニスに死す

- とにかくタジオが美少年すぎる映画です -

655 view

ベニスに死す
監督:ルキノ・ビスコンティ
主演:ダーク・ボガード
公開:1971年10月
上映時間:130分

フォルダにクリップ

クリップする

ブラボー
2人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tomo0111巨匠映画伯
週間ランキング1位 × 3 週間ランキング2位 × 6 週間ランキング3位 × 4 月間ランキング2位 × 4 月間ランキング3位 × 2 月間読者ランキング1位 × 1 月間読者ランキング2位 × 1 月間読者ランキング3位 × 1
  • コメントを
    送信
    コメントを送信
  • tomo0111巨匠映画伯   何から何まで美にこだわり抜いてる映画です。

  • tomo0111巨匠映画伯   1971年・イタリア ルキノ・ヴィスコンティ作。

    タジオ役のビョルン・アンドレセンが少女漫画に与えた影響は当時それはものすごかったそうですね。パタリロにも「ビョルン」って名前のキャラが初期に出ていましたが、間違いなくモデルになったんだろうなあと。

    初めてこの映画を見た時タジオに惹かれるアッシェンバッハを見ながら「わかる、わかる」って一人盛り上がってました(笑

    恐れ多いのと似顔絵は描けないので顔は描かないようにしました。美少年が好きな人や美術とか好きな人に是非一度見てもらいたい映画です。

    1
  • どびんご巨匠映画伯   ヴィスコンティ監督のこだわりはとてつもないものがありますね。カラーになってからの作品は「山猫」「ルートヴィヒ」「家族の肖像」しか観ていませんが、特に前二作品は圧倒的でした。
    「ベニスに死す」、今度観てみます。

    1
  • tomo0111巨匠映画伯   どびんご映画伯さん→感想ありがとうございます。ヴィスコンティ監督の作品はベニスに死すしか見た事がないので他の作品も見てみます。圧倒的という事でとても気になります。

    ベニスに死すはタジオのポーズの一つ一つに監督の強いこだわりを感じました。仕事の疲れもタジオのおかげで吹っ飛ぶくらい大好きな映画です。

    1