寝ても覚めても

- 今んとこ2018年邦画1位です! -

564 view

寝ても覚めても
監督:濱口竜介
主演:東出昌大
公開:2018年9月
上映時間:119分

フォルダにクリップ

クリップする

ブラボー
3人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フクイ ヒロシマスター映画伯
週間ランキング1位 × 59 週間ランキング2位 × 20 週間ランキング3位 × 11 月間ランキング1位 × 22 月間ランキング2位 × 6 月間ランキング3位 × 6 月間読者ランキング1位 × 19 月間読者ランキング2位 × 10 月間読者ランキング3位 × 3
  • コメントを
    送信
    コメントを送信
  • フクイ ヒロシマスター映画伯   だいぶ前に見たんですけど、全然書きたいことがまとまらなくて。。
    とりあえず個人的には今んとこ2018年の邦画1位。だし、事実1位だと思います。

    ****

    あまりにも『寝ても覚めても』に心囚われてしまいまして、普段そんなに読まない小説を読みました。
    原作小説『寝ても覚めても』。

    主人公朝子の気持ちの変化を知りたくて。

    小説読んでみると、一番大きな違いは朝子が自分の気持ちをバンバン喋っていること。
    ネタバレになるから書きませんけども。。

    あと、刊行された時期からして〝東日本大震災〟が入っていない。
    登場人物も多い。

    大筋は同じだけどちょっと展開が違ったり。
    まさかみんな大集合したレストランのシーンが映画オリジナルとは。。

    この原作小説ってほとんど映像化不可能なのに、これを小説と同じくらいの破壊力のある怪作として映画化するって本当にすごいと思います。。

    この映画にハマった人で小説読んでない人は小説も読んでみてほしい。イっちゃってるから。。


    ***

    サイコパス俳優として活躍めざましい東出昌大ですが、さすがです。
    そして普通の人間も演じられていたのでそろそろもう抑えきれない大俳優へと変貌するでしょう。

    唐田えりかがCMでやる気ないイメージがあったんですが、いや、そのままなんだけど完全にこちらもサイコパス。
    でもどれもリアルな人間なんですよねえ。。

    瀬戸康史は甘いルックスがむしろマイナスに作用してる俳優さんなんだろうなと思っていたけど、やはり演技力すごい人でしたね。
    東出昌大の常人ならざるスタイルの良さを、同じスタイルの瀬戸康史を隣に立たせることでパッと見の宇宙人感を消せる、というすごいアイデアも。

    *****

    映画と小説のネタバレはフィルマークスの方に。。

    2
  • 毛玉之伝説の映画伯   そんなはずないと思うけど、マンガが『イット・フォローズ』みたいです(^_^)

    1
  • フクイ ヒロシマスター映画伯   毛玉之伝説さま ホラー感がものすごいですし、どうしようもなく迫り来る感じはイットフォローズ並みなんです。。

    1