ボヘミアン・ラプソディ

- ライブに行ったかのような臨場感がすごい体感型伝記映画 -

604 view

ボヘミアン・ラプソディ
監督:ブライアン・シンガー
主演:ラミ・マレック
公開:2018年10月
上映時間:135分

フォルダにクリップ

クリップする

ブラボー
7人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
natsumi巨匠映画伯
週間ランキング1位 × 4 週間ランキング2位 × 5 週間ランキング3位 × 5 月間ランキング2位 × 2 月間ランキング3位 × 2
  • コメントを
    送信
    コメントを送信
  • natsumi巨匠映画伯   正直いうとフレディの葛藤などは軽く触れる程度でストーリーは薄っぺらい!でもそんなことも忘れてしまうくらい最後の20分のライブエイドの再現力が高くて胸熱で実際にクイーンのコンサートに行ったかのような体験ができました。タイトルの文字はフレディの字を真似して書いてみました。

  • 毛玉之伝説の映画伯   これはかなり評判ですし、ぜひ観たいです。
    アニメ等のキャラクターデザインも、シルエットで誰だか分かるようにしろと言われます。
    4コマ目のポーズ。ラオウが死ぬときも、それでしたね(^^)

    1
  • natsumi巨匠映画伯   毛玉之さんコメントありがとうございます。確かにキャラデザだとシルエットでもよくわかるようにダイナミックなポーズにさせること多いですね!それくらいフレディは歌だけでなくパフォーマンスもエネルギッシュだったんだろうなぁと改めて思います。
    ラオウって北斗の拳でしたか…!すみません漫画全然詳しくなくて😅ライブエイドの練習をしているときに言うフレディの言葉もまっしぐらな彼らしさが出ていてグッとくるのでぜひ観てみてください。

    1
  • 毛玉之伝説の映画伯   ラオウは『北斗の拳』です。主人公のケンシロウの兄です。ケンシロウとの激しい兄弟喧嘩の死闘のすえ命を落とします。
    「我が生涯に一辺の悔いなし!!」という言葉を最後に、天に向かって拳を突き上げ、立ったまま息絶えます。

    アニメ版でラオウの声を演じている人は何人かいますが、やはり決定版は内海賢二さん。洋画の吹き替えも多数やられています。
    あまりピンとこないけど、スティーブ・マックイーンの声も演じていました。なんとこんな所で「クイーン」でつながっているとは!(^^)

    1