ROMA ローマ

- 本年度アカデミー賞作品賞&外国語映画賞 Wノミネート! -

598 view

ROMA ローマ
監督:アルフォンソ・キュアロン
主演:ヤリッツァ・アパリシオ
公開:2018年12月
上映時間:135分

フォルダにクリップ

クリップする

ブラボー
8人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フクイ ヒロシマスター映画伯
週間ランキング1位 × 59 週間ランキング2位 × 20 週間ランキング3位 × 11 月間ランキング1位 × 22 月間ランキング2位 × 6 月間ランキング3位 × 6 月間読者ランキング1位 × 19 月間読者ランキング2位 × 10 月間読者ランキング3位 × 3
  • コメントを
    送信
    コメントを送信
  • フクイ ヒロシマスター映画伯   薄ら寒い映画。。。

    ポスターの抱き合っているシーンは本当に薄ら寒い。怖い。

    ****

    話は淡々としているようで定期的にとんでもないことが起こるし、ラストへ向かってじりじりと上がっていく。

    けど、この映画の描きたいことはたぶんこの映画で描かれてないこと、なんじゃないかな。

    ****

    監督の半自伝的な話だとのこと。

    てことは、
    この映画の主役は家政婦だけど監督の視点は家政婦じゃない。

    たぶん家族の次男あたり。

    この家族の異常性に気づいた頃の自分。

    あの時ウチにいたあの家政婦さんはいったい自分たちをどう見ていたのだろうか、と。
    自分たちはあの家政婦さんにずっと何をしてきたんだろう、と
    振り返る映画ですかね。

    3
  • フクイ ヒロシマスター映画伯   男たちが広場で空手やった時に
    当然みんなメキシコ人なんですが、
    (師匠は韓国人)
    日本語で「じゅーなな!じゅーはち!じゅーく!」と掛け声を出す。

    残念ながら「じゅーく」の次が「さんじゅー!」。。。

    オーノー!日本語間違ってんじゃん。。無念。。
    と思ったけど、これだけ緻密な映画なんだからこれも計算でしょうね。

    言葉の意味もわからずに熱中してやってる滑稽さの表現でしょう。


    ****

    人種差別と性差別。
    こんな視点で描いた映画は観たことない。

    ****

    なんの予備知識もなく観たので
    途中までイタリアの話かと思ってました。。ローマだし。

    イタリア語じゃなくてスペイン語喋ってるんですね。。

    メキシコですね、舞台は。
    ローマという地名のようです。

    もう1人の家政婦が1971年と言ってた。
    クレオの出産予定日は6月。
    6月の軍隊と学生デモの衝突は「血の木曜日事件」。

    3