ザ・プレイス 運命の交差点

- 人は願望が叶うとわかったらどこまでできるか -

481 view

ザ・プレイス 運命の交差点
監督:パオロ・ジェノベーゼ
主演:バレリオ・マスタンドレア
公開:2019年4月
上映時間:101分

フォルダにクリップ

クリップする

ブラボー
4人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フクイ ヒロシマスター映画伯
週間ランキング1位 × 60 週間ランキング2位 × 20 週間ランキング3位 × 12 月間ランキング1位 × 23 月間ランキング2位 × 6 月間ランキング3位 × 6 月間読者ランキング1位 × 20 月間読者ランキング2位 × 10 月間読者ランキング3位 × 3
  • コメントを
    送信
    コメントを送信
  • フクイ ヒロシマスター映画伯   自分の願いが叶うとわかったら人間はどこまでやるのだろうか。
    それが他人の運命を狂わすことだと知っていても。

    というテーマの映画です。

    ***

    僕が大大大好きな『おとなの事情』のパオロ・ジェノベーゼ監督の新作です。

    人間の奥底の真理をえぐってえぐってえぐっておいて、「おとな」というベールに包んで笑顔で帰っていくという冷え冷えとした恐怖映画でした。。

    ****

    『おとなの事情』もある家の中のワンシチュエーションでしたが部屋の異動はありました。

    『ザ・プレイス 運命の交差点』は完全にカフェだけ(ザ・プレイスという名のカフェ)。
    しかもほとんどひとつのテーブルのみ。


    『おとなの事情』同様、キャストは多いんですがあまり混乱はないですね。この辺りはうまいです、さすが。

    知らないイタリア俳優さんたちがいっぱい出て来て、「この人誰だっけ?この人の願望なんだっけ!」って最初は焦るんですが、中盤からは自然とわかりますし、バラバラだった彼らが繋がっていくストーリーもうまい。


    *****


    謎の男を演じたヴァレリオ・マスタンドレアさんの演技が素晴らしい。
    イタリアでは相当な名優のようですね。

    いろんな相談者と対峙し続けるわけですが、ミステリアスだけど重すぎないので、あくまでもスポットライトは相談者に当たっています。

    それでいて単なる狂言回しで終わってないわけですから、本当に素晴らしい。。

    1
  • 毛玉之伝説の映画伯   謎の男の体調が、とても気になります。
    舞台劇原作か?(人気舞台劇原作映画にハズレなしという持論なので)と思いましたが、アメリカのテレビドラマ原作なんですね

    1
  • フクイ ヒロシマスター映画伯   毛玉之さま そうなんです。アメリカのドラマを原作としているようですね。しかも話ほとんど同じだそうです。。

    1