ザ・フライ

- グロテスク描写に衝撃を受けながらも心に残る -

404 view

ザ・フライ
監督:デイビッド・クローネンバーグ
主演:ジェフ・ゴールドブラム
公開:1987年1月
上映時間:96分

フォルダにクリップ

クリップする

ブラボー
5人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
毛玉之伝説の映画伯
週間ランキング1位 × 9 週間ランキング2位 × 5 週間ランキング3位 × 5 月間ランキング1位 × 2 月間ランキング2位 × 2 月間ランキング3位 × 1 月間読者ランキング1位 × 6 月間読者ランキング2位 × 3 月間読者ランキング3位 × 2
  • コメントを
    送信
    コメントを送信
  • 毛玉之伝説の映画伯   よく考えると人間の体の内外には無数の細菌がいるからハエが入らなくてもそれと融合するのではないかと思うのだけど、細かいことは気にすんな(^^)

  • 毛玉之伝説の映画伯   監督:デヴィッド・クローネンバーグ
    出演
    ブランドル:ジェフ・ゴールドブラム
    ベロニカ :ジーナ・デイヴィス
    産婦人科医:デヴィッド・クローネンバーグ(!)

    テレッポッドから出てきた、裸のブランドルに実験動物のヒヒが飛びついてきて抱っこされるシーンが可愛いくて好きです。ブランドルもドヤ顔で、なんかターザンという感じ

    3
  • ないとうhマスター映画伯   ザ・ヒヒ可愛い!
    確かにいわれてみればアメコミにありそうな展開ですよね笑
    それがあんなことになってしまうなんて・・・

    4
  • 毛玉之伝説の映画伯   ないとうhさん、ありがとうございます!
    まあ、クローネンバーグですから仕方がない(^^)

    2
  • どびんご巨匠映画伯   出ましたねクローネンバーグ監督の傑作。「スキャナーズ」と同率で好きです。
    この作品といい、「遊星からの物体X」といい、80年代のグロ特撮技術は格が違いますね。
    でも「ザ・フライ」では映画史上最も行儀の悪い食事シーンが一番キツかったです。あんな姿になってもジェフ・ゴールドブラムの大きな目がキラキラしているもんですから。
    ヒヒかわいいんですけど一頭目が不憫で・・・。
    ザ・ヒヒはバットマンのロビン的な立ち位置でしょうか。アメコミはあまり詳しくないのでよく分かりませんが・・・。
    そういえばクローネンバーグ監督の映画で大好きな作品があるんですが、まだ誰も漫画にしていないのでいつか描こうかなと思っています。

    3
  • 毛玉之伝説の映画伯   ザ・どびんごさん、ありがとうございます!
    行儀悪いですよね(^^) 「食べる前に吐く!」みたいな。
    一頭目のヒヒも衝撃でした。最初は見た時は正視できませんでした。

    ザ・ヒヒは、目だけのマスクとかロビンのイメージですね。あとパーマン2号。

    どびんごさんも、ひさびさに復帰ですか。楽しみです。

    2