ぼくとママの黄色い自転車

- 親子で安心して見れる映画です -

163 view

ぼくとママの黄色い自転車
監督:河野圭太
主演:武井証
公開:2009年8月
上映時間:95分

フォルダにクリップ

クリップする

ブラボー
4人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tomo0111伝説の映画伯
週間ランキング1位 × 11 週間ランキング2位 × 16 週間ランキング3位 × 8 月間ランキング1位 × 1 月間ランキング2位 × 9 月間ランキング3位 × 6 月間読者ランキング1位 × 3 月間読者ランキング2位 × 5 月間読者ランキング3位 × 1
  • コメントを
    送信
    コメントを送信
  • tomo0111伝説の映画伯   大志の行動力と勇気は見習いたいです

  • tomo0111伝説の映画伯   先月たまたま見る機会があったので忘れないうちに。中盤に出てきた女の子がいいキャラしてました。

    終盤は見ていてかなり辛いものがありました。ちょっと身内に色々あった事もあり家族を大事にしないとと考えさせられました。

    次はリクエストのあった「千年女優」です。リクエストありがとうございました。遅くなって申し訳ないです。

    1
  • 毛玉之伝説の映画伯   3コマ目の犬と並んで外見てるの可愛いです。
    小豆島にいる母がなぜパリからの手紙?
    それとも、パリにいるのに、なぜ小豆島にいると思い込んだ?
    が最大の謎です。

    小豆島の映画といえば『八日目の蝉』も後半の舞台でした。これも名作。
    先週した仕事で、小豆島のそうめん組合が、あったりして、なぜか個人的小豆島ブームw

    0
  • tomo0111伝説の映画伯   毛玉之伝説の映画伯さん コメントありがとうございます。母親の設定はちょっと無理があるかもしれないと思ってしまいました(汗

    小豆島は修学旅行で行きました。景色がよくてオリーブチョコが美味しかったです。「八日目の蝉」は内容が重そうで避けていましたが、機会があれば見てみますね。

    1
  • 毛玉之伝説の映画伯   おぉ、修学旅行で、あの楽園(^^)に。

    『八日目の蝉』重いけど、嫌な感じではないです。愛のある作品なので、ぜひ。
    あとに残るのは、永作博美が、めちゃめちゃ!いい母だったということ。
    誘拐した子供なんだけどねw もう、永作博美の子供になりたい。

    でも、次に見た『ソロモンの偽証』で、転生した永作博美は、ひどい毒ママでした(T_T)

    1
  • tomo0111伝説の映画伯   毛玉之伝説の映画伯さんコメントありがとうございます。小豆島はとてもいい場所でまた行きたいなあと思いつつ行けずじまいです......

    「八日目の蝉」は何となく勝手に重苦しくて救いがない感じなのかなあと思って避けてました。ですが、そこまでではないなら今度見てみようと思います。「ソロモンの偽証」はかなり重そうですね(汗

    0