ザ・ピーナッツバター・ファルコン

396 view

ザ・ピーナッツバター・ファルコン
監督:タイラー・ニルソン/マイケル・シュワルツ
主演:シャイア・ラブーフ
公開:2020年2月
上映時間:97分

フォルダにクリップ

クリップする

ブラボー
3人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フクイ ヒロシマスター映画伯
週間ランキング1位 × 75 週間ランキング2位 × 23 週間ランキング3位 × 14 月間ランキング1位 × 27 月間ランキング2位 × 9 月間ランキング3位 × 7 月間読者ランキング1位 × 22 月間読者ランキング2位 × 12 月間読者ランキング3位 × 7
  • コメントを
    送信
    コメントを送信
  • フクイ ヒロシマスター映画伯  
    寓話感がいいですね。絵本感がいい。
    さらにこれが「いつかは終わる」感もいい。

    ザックとタイラーのふたり旅にエレノアが加わって3人で目的地を目指す。

    目的地があるってことは、いつかは終わるということ。
    この旅路が愛おしければ愛おしほど、期限があることを思って切なくなりましたよ。


    ****

    この映画は『ハックルベリー・フィンの冒険』を下敷きに、現代化しているとのことです。

    『ハックルベリー・フィンの冒険』を読んだことないです。
    夕方だか朝だかにやってたアニメは見てましたけど、さすがに全然話覚えてない。。

    あらすじを読むと「奴隷制度のない州を目指して」「ミシシッピ川を下る旅に出る」とあるんですが、、
    北上するんじゃなくて、南下するの??

    ミシシッピ州から南下したルイジアナも奴隷州じゃん。。だめじゃん。。
    そういうエンディングなのかな。
    読んでみないと。

    ****

    『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』では
    ザックはこの旅が終わると今までよりもキツイ施設に送られることになっている。

    タイラーは自業自得だけど最低でも半殺しに遭うことになってる。

    エレノアはザックを施設に連れ戻さなければいけない。

    絵本のような旅路の終わりには結構辛い現実が3人にはある。


    手作りのイカダでゆっくりと海を下るという、楽園シーンがあるんですが、
    あそこは地形的に波がほとんどない海らしいです。
    あそこでしか実現しない夢のイカダ旅。


    過酷な現実を生きる「オトナ」たちに奇跡的に与えられた楽園ですよ。
    束の間の楽園。
    その後には現実がやってくる。
    罪を犯せば罰がやってくる。

    コドモでいた〜い ずっとトイザラスキ〜ッズ って歌ってみたところで、俺たちはもうすでにオトナ。。

    だからこそたま〜〜にはこういう楽園に浸りたっていた〜い。大好き映画にかっこまっれてっ!

    1