パドルトン

167 view

パドルトン
監督:アレックス・レーマン
主演:マーク・デュプラス
公開:2019年2月
上映時間:89分

フォルダにクリップ

クリップする

ブラボー
2人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フクイ ヒロシマスター映画伯
週間ランキング1位 × 75 週間ランキング2位 × 23 週間ランキング3位 × 15 月間ランキング1位 × 27 月間ランキング2位 × 9 月間ランキング3位 × 7 月間読者ランキング1位 × 23 月間読者ランキング2位 × 12 月間読者ランキング3位 × 7
  • コメントを
    送信
    コメントを送信
  • フクイ ヒロシマスター映画伯   これはもう恐ろしく好きです。。
    過剰じゃないのもいいし、どんな辛い場面でも笑いがあるっていうリアリティもいい。

    ****

    主役2人を演じる俳優さんはどちらもコメディを得意とする人なので、「2人の会話が面白い」という以前に、2人の空気が面白い。

    2人が一緒にいるだけで面白いってこんな幸せなことはないわけで、だからこそこの2人は一緒にいるわけで。
    コメディアンだからこそこの2人の関係に真実味を与えられてるんだと思いました。

    いくら重鎮の演技派が賞狙いの演技をしても、どんどんウソ臭くなりそう。マーク・デュプラスとレイ・ロマーノがそもそも持ってる空気感がこそがこの映画が成功した種ですね。

    ***

    2人はカンフー映画が好きで古い『デスパンチ』という映画を何回も一緒に観てる。
    (『デスパンチ』という映画は実在しなくて、『パドルトン』のために撮られたものです)
    たぶん800回くらい一緒に観てるんだけど、ラストのある状況で観ると、今まで観てきた『デスパンチ』ではなくなっちゃっている。

    パドルトンも同じ。何回もやってきたパドルトンだけど、ラストでは違う。
    ピザの味もたぶんそれまでとは違う。
    パズルも違う。

    ほんと恐ろしいですよ。どうしたらいいのかと思っちゃう。。
    「幸せにならない方が幸せなんじゃないか」とめちゃくちゃなことを思ってしまう。。
    幸せになればなるほど辛いじゃねえか、と。
    生きるってなんなんだと。

    ****

    ネタバレしないように書くのが難しいので、終わり。
    ネタバレはフィルマークスの方に。。

    1