ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた

319 view

ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた
監督:ブレット・ヘイリー
主演:ニック・オファーマン
公開:2019年6月
上映時間:97分

フォルダにクリップ

クリップする

ブラボー
4人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フクイ ヒロシマスター映画伯
週間ランキング1位 × 62 週間ランキング2位 × 20 週間ランキング3位 × 12 月間ランキング1位 × 23 月間ランキング2位 × 7 月間ランキング3位 × 6 月間読者ランキング1位 × 20 月間読者ランキング2位 × 10 月間読者ランキング3位 × 4
  • コメントを
    送信
    コメントを送信
  • フクイ ヒロシマスター映画伯   サイズ感が良い!

    等身大の人物が等身大の悩みに苦しんで乗り越えてくれる。
    このサイズ感の映画で、ディティールまで凝ってるし、
    俳優のみなさん魅力的だし、音楽もいいし、97分だし。最高じゃないか。

    ****

    試写会って一生懸命メモ取りながら観るのでシンプルに感動するのって難しいんですが
    これは泣けて泣けて…

    「一般人ががSpotifyで大成功っ!?」
    っていう映画なんかではなくて、
    リアルで優しくて温かくて痛々しくて可愛らしい物語。

    ****

    パパのキャラが最高ですね。
    100パーかっこよくて100パーかっこ悪い。。

    「彼女いるのか」のセリフの自然なことよ。
    いかに娘を大事に見てきたかわかるセリフ。

    ****

    主演の娘サムを演じたカーリー・クレモンズも可愛いし、歌上手いし、表情が繊細。
    あとなんかカリスマがありますね。かわいくて威厳がある。

    あとはトニ・コレットも出てますからね。『ヘレディタリー/継承』。
    パパとトニ・コレットとのこじらせた何か(あの現象はなんと呼べばいいの…?)も身につまされて最高。。


    ****

    『シング・ストリート 未来へのうた』を筆頭とした『〜のうた』系映画(とでも言いましょうか)の中でも一番好きだし、
    このレベルの感動コメディもそうそうないですよ

    歌に頼らず丁寧にシーンを積み重ねて物語と人物を描いてるし、
    なんと言ってもラストのそれぞれの選択が素晴らしい(泣)

    0